知っておきたい自動車・自動車学校・合宿免許情報

DRIVING SCHOOL INFO

自動車とは

自動車とは、動力源となるエンジンを用いて公道を走行する乗り物の一種。
自動車は多くの人が慣れ親しんでいる乗り物であり、移動手段として良く利用されている乗り物。日本だけでは無く、世界各国でも自動車は搭乗されている。
エンジンの動力となるのは、主に「レギュラーガソリン・ハイオクガソリン・軽油」になる。

電気自動車

電気

従来のガソリン車のように、エンジンの動力源となる「レギュラーガソリン・ハイオクガソリン・軽油」を使用せず、「電気」の力を用いて稼働する車を、電気自動車と呼ぶ。
本来、1839年に原型となる電気自動車が、従来の自動車よりも先に誕生しているのだが、その当時はあまり注目されていなかった。また、我が国日本に電気自動車が世間一般に普及し始めたのは、2003年以降である。
1990年以降、ガソリン車が走行することによって排出する排気ガスによる「大気汚染・地球温暖化」などの環境問題により、排気ガスを排出せず、環境問題に優しいとされる電気自動車を浴びるようになった。
但し、電気自動車走行するには長時間の充電が必要であり、充電容量が限られていることにより長期間の走行に向いていないなど、まだまだ改善の余地があるとされている。

ハイブリッドカー

ハイブリッドカー

1990年台以降「大気汚染・地球温暖化」の環境問題によって、電気自動車が注目を浴びたと同時に、「ガソリン・電気」二つのエンジンが用いられた「ハイブリッドカー」も注目を浴びるようになった。
電気自動車は、走行する為には長時間の充電を要し、尚且つ長期間の走行には向かない。ガソリンを用いて走行するガソリン車は、環境問題の原因となる排気ガスを排出する。
それと比べ、ハイブリッドカーは電気・ガソリン両方のエンジンを用いて走行する為、燃費も良く長距離の走行に向いており、尚且つ排気ガスの発生量を抑えることも出来る車である。